AGAを治すための治療薬は?

放置していても治らないというのがAGAです。

みるみる症状が悪化してしまう疾患ということも言われていますね。

近年ではその治療薬剤も出現して、マンガでわかるAGA治療にも書いてあるように、クリニックや病院などでの治療が可能になりました。

でも、患者自身にピッタリ合う治療が可能な専門病院はそう多くないそうです。

なので、最初はご自身に最適の治療のやり方についてカウンセリングが可能なクリニックを見つけることが大事になりますね。

AGA治療で有名なのがフィナステリドという薬です。

これを取り扱っている病院では、各個人に適した治療法や治療薬を出してくれるだけではなくて、生活習慣の見直しから親身に相談を受けてくれるところが少なくありません。

それは心強いことですよね。

AGA治療だと、飲み薬を処方するケースが良く見られます。

しかしながら、AGAの専門病院では治療薬のみをあてにした治療だけではないそうですよ。

厚生労働省で認められたAGA治療薬がフィナステリドです。

これは世界中の60ヶ国で認められ売られていて、効果大となっています。

この治療薬を服用した9割の方が抜け毛が抑えられたり、改善効果が見られたというデータ結果も出ています。

このフィナステリドは、初めの名称はプロスカーで良性前立腺肥大用の治療薬だったと言われています。

最初からAGAではなかったのですね。

でも、使用していくうちに毛髪が濃くなったり、育毛や発毛の効果が確認された事により、後にAGAの治療薬とされる事になったそうです。